歯周病治療|東京都国分寺市の歯科医院 じゅんデンタルクリニックです

歯周病治療|東京都国分寺市の歯科医院 じゅんデンタルクリニックです

  • 042-326-4181

    9:30~13:00/14:30~19:30 ※水・土は18:00まで
    【休診日】木・日・祝

歯周病治療

歯周病とは

歯周病は歯を失う可能性のある危険な病気

歯周病とは日本人成人の約8割がかかっていると言われている危険な感染症です。 先だった症状を「歯周炎」と呼ぶ多くの方が歯肉など歯周組織の病気だと思われていますが、歯周病が重度に進行すると最終的には歯の脱落などを引き起こします。 また自覚症状が出にくいこと、全身疾患との関係も注目されることもあり、早期発見早期治療が重要になってきます。

こんな歯の状態ありませんか?

  • 朝起きたとき、口の中がネバネバする。
  • ブラッシング時に出血する。
  • 口臭が気になる。
  • 歯肉がむずがゆい、痛い。
  • 歯肉が赤く腫れている。
    (健康的な歯肉はピンク色で引き締まっている)
  • かたい物が噛みにくい。
  • 歯が長くなったような気がする。
  • 前歯が出っ歯になったり、歯と歯の間に隙間がでてきた。食物が挟まる。

日本臨床歯周病学会HPから引用

3つあてはまる

油断は禁物です。ご自分および歯医者さんで予防するように努めましょう

6つあてはまる

歯周病が進行している可能性があります。

全てあてはまる

歯周病の症状がかなり進んでいます。

歯周病の進行

01

歯肉炎

歯周病の初期段階で、歯肉が少しづつ腫れてくる状態です。

02

軽度歯周炎

歯肉の腫れに加え、出血が起きたり、歯槽骨が溶け始め、歯がぐらつきだすのがこのあたりです。

03

中度歯周炎

骨が半分ほど溶けてぐらつきが徐々にひどくなってきます。 歯肉の腫れ、出血もさらに悪化した状態です。

04

重度歯周病

歯茎が赤く腫れあがり、歯のぐらつきが進み、抜けてしまう可能性も出てきます。出血に加え、膿が伴ってきます。

歯周病の原因と予防

感染源を絶つための予防プログラムが必要

歯周病の主な原因は、歯磨きが適切に行われなかったことで歯に付着したプラーク(歯垢)の中の細菌が、歯と歯茎のすき間(歯周ポケット)から侵入し、歯のまわりに炎症が起こる病気です。つまり、歯周病は細菌による感染症なのです。歯周病の予防には、その原因である歯周病の細菌の基となる、歯垢の除去が必要です。
当クリニックでは、患者様ごとに予防プログラムを行う、歯のメインテナンスを行っています。

小児期からの歯周病予防も大事

生まれたての赤ちゃんの口の中には、歯周病細菌は存在しません。ほとんどの場合、虫歯と同様、家族間で感染します。例えば、若年性歯周病の原因菌とされている『アクチノマイセテムコミタンス菌』は、大人から大人へと感染することはなく、まだ永久歯が生えそろわない時期に大人から子供へ感染することが、最近の研究により報告されています。そのため、歯周病対策は小児期から必要だとも言えるのです。

当クリニックの歯周病治療

ブラッシング指導

毎日の歯磨き(ブラッシング)でどこが磨けていないのかをよく理解して、
ご自分に合ったブラッシングの方法をお話します。毎日のブラッシングで、歯や歯茎にプラークがつかないようにするプラークコントロールをすることが、歯周病予防の第一歩です。

スケーリング(歯石除去)

歯石とは、歯面に付着したプラーク(歯垢)が唾液中のリン、カルシウムにより石灰化したもので、強い病原性を持っています。歯に強固に付着しており、ブラッシングで取り除くことはできません。下顎の前歯の裏側、上顎の奥歯の頬っぺた側につきやすいです。主に、超音波スケーラーと呼ばれる機械を使用して歯石を取り除きます。

ページトップへ戻る